稼げる治験モニター・体験談|治験モニターでアルバイト

トップページ > 治験モニター・体験談04

治験モニターアルバイトを体験された方々


治験モニターアルバイト体験者Jさん
20代 男性

宿泊付きの治験モニター参加しました!

学生の身である僕は、夏休みを利用して宿泊を伴う治験に参加しました。といっても、いきなり参加できるわけでなく、申し込みをすると、後日簡単な説明と問診、治験の内容などの説明を受けます。

さらにその数日後、指定された病院において健康診断が行われました。健康状態によっては、希望する治験に参加できないこともあるとは聞いていましたが、結果は見事合格。

そして、いよいよ治験アルバイトのスタートです。
治験を実施する場所は、都内にある大きな病院でした。

肝心の治験は、翌日から始まりました。内容は、検診や問診、そのほか体温を計ったり、心電図や血液採取などと、まるで健康診断でも受けているような感じです。一日3食の食事も定期的に提供され、その後用意されたお薬を飲んで、それで終わりです。

あとは、漫画を読んだり、ゲームをしたり、Wi-Fi環境もあるのでインターネットも楽しむことができます。

毎朝、検診を受けて、そのあとは3度の食事のあとにお薬をのむ!そして、空いた時間は好きなように過ごす(ただし、外出はできません)。毎日、たったそれだけの繰り返しです。

そして、1週間程度の参加で頂いた参加謝礼は8万円。
食事も美味しかったし、また機会があれば今度は友人を誘って参加したいと思いました。


治験モニターアルバイト体験者Kさん
30代 女性

女性参加者が多いことにびっくり

新薬の開発に関わる「治験」に対して、私も参加してみるまでは、こわくて、自分たちとは違う特別な人だけが参加するもので、体を犠牲にして行うものだと思っていました。しかし、いざ自分が参加してみるとそんな不安はまったく打ち消され、事前の丁寧な説明と入念な検査のもと行われるので、安心して参加することができました。

私が参加したのは、初めから少しハードルが高めでしたが、入院タイプの治験でした。そこで過ごす生活では、さまざまな方々と知り合えて、楽しい思い出にもなりました。

三度の食事もとても美味しく、食事の量、時間を決められていて、規則正しい食生活にも役立ち、逆に健康になっていく気がしました。

実際に参加してみて、驚いたのは意外と女性の参加者が多いということ。治験はまだまだ、世間的にはあまり認識されておらず、知っている方でもあまり良いイメージは持っていない方も多いと思います。実際そんなことはなくて、逆に健康的な生活ができて有効な日々を過ごすことができました。


スポンサーリンク

治験モニターアルバイト体験者Lさん
30代 男性

メタボ向けの治験に参加してきました!

僕の家系は肥満体質で、中性脂肪や血糖値が高めの人が多いのですが、僕もご多分に漏れず、肥満体質で、毎年会社で実施される健康診断で「中性脂肪が高め」という結果が続いていたのですが、前回は血糖値まで高くなってしまい、何とかしなければと思っていた矢先に、「メタボ向けの治験」があるということを知り、早速参加申し込みをしてみました。

結果は、条件に合致ということで参加承認が出ました。
僕が参加したのは、通院型の治験モニターです。糖尿病予備軍の方に効果あるといわれる新薬の治験です。

初回は、まず身長・体重測定に始まり、採血、心電図など、まるで健康診断を受けているような感じを受けました。

2回目からは、初回の検査結果を元に問診が行われ、今後新薬となるべくお薬を処方されました。その後は、毎食後お薬をのみ、週に一度の検査と問診。

約3ヶ月間、治験モニターとして投薬を受けた結果、健康状態も良い方向になり、その上参加謝礼まで頂き、とても充実した日々を過ごすことができました。

今後は、食生活と適度な運動も心掛け、健康的な日々を送りたいと思います。


←前のページ|4|次のページ→

スポンサーリンク

スポンサーリンク



ソーシャルメディア



↑ PAGE TOP